(携帯対応)  親友(博多に移住)ゆうゆうの記 参照日誌

  4月20日(金)
  今日は老人会の『七の湯』行きで世話の為に送迎バスに乗り込んだ。久しぶりに七山村を訪れたが、新緑の山々が見事だった。血圧検査をして湯に入ったが、きれいで広くゆったりした気分で温泉を楽しんだ♪♪
  帰りの時間までたっぷりあったので、レンタル毛布を借りて横になった。メンバーのおしゃべりは止まず、ちょっとまどろんだだけだった。昼食メニュー豪華だったが、老人にはちょっと高価だった。ごぼう天うどんですまして帰って来た。

         

  4月16日(月)
  旧職場の同期生が膵臓がんの治療をしているというので、仲間と見舞いに行った。知り合いが同じ病で悩んでいるので、特に関心を持って症状を尋ねた。膵臓は判明が難しく、こちらも最近になって知ったと言う。
  手術もできないが、最近は新しい治療薬ができており、保険が使えず極めて高価だそうだ。二週間置きに皮下注射をするそうだ。効果があれば、知り合いにも知らせてやりたいが、佐賀への通院も大変だろうな??

  4月13日(金)
  今日は『アザメの会の総会』きっと小学校の校長先生が来てくれるはずと、今日作ったばかりのATOMの脚を持って行った。懇親会の場で教頭先生も聞いてくれた。何と彼もミニチュアづくりが趣味だそうだ♪♪
  伝えたかったことは、授業も集中して聞けない一年生だけど、毎週の部品の到着を待ちかねて、イタターネットで作り方を予習して楽しんでいる実態を知って貰いたかった。田舎の片隅にもこんな暮らしがあることを酒を忘れて熱弁した…アトムを作ろう!

  4月10日(火)
  今日は悠真の入学式。幸い来賓として呼ばれたので、一目だけでもとお邪魔した。きちんと返事をして立ってくれた。写真だけ撮って、こっそり退場した。実は慢性腎臓の病院で、新薬の治験を奨められたので眼科の予備試験に行った
  毎月の通院で異常はないけども、『腎性貧血』に効く新薬のために、テスト患者が求められていたそうだ。どうせ飲むことになるのなら、人よりも早く服用して、世の中の為になるならと応募した次第…

  4月 7日(土)
  今日は隔月土曜日の『佐里の想い出』記録の編集会議。もう二年ほどになるが、佐里の歴史を何とかまとめて置こうという有志の会だ。市補助金の目途もついたということで、最後の馬力がかかっている
  熱心な執筆家がいて、既に60篇程の記録ができているという。小生は、『昔の青年団』の一篇しかできていないが、千円会費で昔の佐里を十分話し合う呑み方が魅力で出席している。印刷会社も決まっているので、正月頃には冊子として刊行できるかな?

  4月 4日(水)
  今日は驚いた!! 検査入院中だと言い続けてきた主事が、町体運動会の選手選考会に出席して、公民館役員に大きな声で指示を出していたことだ
  自ら抗がん剤を飲んでいることを明らかにして、「こういう状態だから協力してくれ」と言うのには、皆がシーンとして黙々と昨年の選手表から作業を進めるしかなかった…

  4月 1日(日)
  いよいよ新年度を迎えた。今年は桜の花も満開で、佐里下区の『合同花見』も絶好の機会となった。『合同』という名称は、従来、隣保班で家族ぐるみでやっていたものを、当番の家を嫌がったり料理屋ですますようになったからだ…
  この日は、早朝から餅を撞いたり、子供を交えて夕飯まで賑わったりで、どこの子も家族みたいに可愛がったものだ♪♪

  3月31日(土)
  老人会総会がやっと終わった。決算報告にも質問はなく拍子抜けした感じだ。奮発したお昼の弁当は食べずに、「おはぎ」だけ頂戴した
  今日は呑もうと張り切っていたが、焼酎二杯だけで終了した。終わりに、今年は町老連の会費徴収が早いので、班長さん達と役員会で総会の終了を祝った

  3月27日(火)
  さくらが咲くと陽気が一気に春となった。老人会の総会が近づいた。交流センターに総会資料の印刷に行った。きれいな印刷で両面印刷がすぐに完了した
  これで年度末の行事の準備が終わった。公民館→さくらウォーク→老人会とイベントが続いたが、これで一段落!! ちょっと一服で HomePageに完了宣告を書いたさくらウォーク事務局

  3月25日(日)
  さくらウォークが無事に終わった。予想外の188人の参加で、一昨日から桜の開花が一気に早まって、90人の係員も喜んだ♪♪
  大会も第六回となり、多くの参加者から声を掛けられた。また、それらの人々に感想を述べて頂いたが、それぞれの有縁でこういうイベントが成り立っていることをしみじみと感じさせられた。反省会では、焼酎を一杯しか吞まなかったのに酔っぱらってしまった!!

  3月22日(木)
  今日は佐里上区の老人会の総会に公民館長として呼ばれた。なんと、昨年の敬老会の写真が総会資料の表紙を飾っていた。こうして、大事にされることは嬉しいことだ。
  祝辞では思いつくことをしゃべりまくった。ただ、役員の中からこの一年で辞めさせて欲しいという意見が出て、場内が騒然となった。来賓として何も言えなかったが、自分の所を考えると他所事とは思えなかった…

  3月19日(月)
  11時から老人会の監査があった。通帳の出納簿はすべてパソコンで処理しているのに、前任の監事さんは入念に電卓で確かめている。黙って任せていた。昼飯の握り寿司は久しぶりの注文だったからおまけが付いていた
  18:00からの班長会議では、総会の出席者を確認した。51人の出席者だったが、来賓を弁当の数に入れるのを忘れるところだった。全員気持ちよく、3/31の総会の役割を分担した

  3月18日(日)
  公民館の総会が終わった♪ 主事がいないから初めから終わりまで、一人でしゃべった。皆も聞き飽きただろうなぁ。8mm映写機の暖機運転も十分にしたが、途中でランプが切れた。村田英雄さんまでは持てたから、まぁ、いいかぁ~
  さぁ、頭を切り替えて、今日からは明日の老人会の監査の準備。打合せ会が監査の後だから、弁当代は先払いして、領収書を貰ってこなければならない。平山の弁当屋さんをゼンリンで調べないと…

  3月16日(金)
  今日から年度末のヤマ場だ。老人会の監査のためには、JAバンクは今日までしか開いていない。監査やその夜の班長会議の経費は、今日中に下さないと領収書ができない。そのためには、弁当代は前払いが必要だ!
  夕方は、明日の公民館総会のために会場準備が必要だ。資料100部を綴じなければならない。8mm映写機のセットも必要だ。おっと、上下区では出欠を取るので、有線放送も忘れないように…

  3月14日(水)
  今年は二つの会計を締め切り、それぞれ監査を受け、総会資料も作らなくてはならない。頭が混乱するので、毎日の作業行程表を作り、パソコンに向かっている
  確定申告の日も近まったので、午前中に支所へ行き、16,000円の還付ができた。又、交流センターに公民館総会資料の印刷を頼みに行ったら、両面コピー100部の印刷がたちまちに仕上がった♪♪

  3月10日(土)
  今日は夕方からお寺の評議委員会だった。決算報告があった時点で、総代さん二人の引退声明があった。誰もが年齢のことを気にする時期となって、後任には仏教壮年部から、若い者が引き受けてくれた
  又、住職の結婚が決まったことが発表されて、一同、喜びの声を挙げた。是非、仏前結婚式をお願いしたら、坊守さんが「勿論です」と笑顔だったが、「ビデオでの記録もお願いします」との付言には、<親子二代になるなぁ>と、こちらにも宿題が回って来た

  3月 6日(火)
  昨夜はパパが出張だったので、孫達の転居先を訪問して泊まってきた。孫達はじぃじとばぁばとの夕食に大はしゃぎで、風呂にも三人で、特に海翔とは久しぶりの風呂になった♪♪
  朝、帰ってくると郷が元気がない。昨日のエサも食べていない。散歩には付き合ってくれたが、歩みも緩やかで、ちょっと心配だ。昨夜の独り寝が寂しかったのかな? 今夜は玄関にねせてやろう!

  3月 4日(日)
  昨日は公民館の監査の日だった。主事が出て来てくれたので助かった。治療薬も副作用が少なく、元気に病気と闘ってくれているようだ。象引き祭の役員と 6人だったので愉快に呑めた♪♪
  無事に監査が済んだのと愉快な酒だったので、朝 6時までぐっすり眠れた。今日は四月を思わせる陽気で、琵琶湖マラソンの中継をゆっくり眺めて過ごしている

  3月 2日(金)
  やっと三月になって幾分春が近いような雰囲気なってきた。四週間ぶりの薬を貰いに行ったら、主治医から新薬の治験を勧められた。「治療の臨床試験」の略だそうだが、薬剤専門員から別室で説明を受けた
  腎臓が弱くて貧血症の治験者を求めいるようだったが、最初の二ヶ月はニ週間おきに通院しなければならぬと聞いて、年度末から新年度はちょっと無理と見合わせることにして来た

宛先確認の文字を削除してメール送信

@nkou Diary として保存

Top Pageへ戻る